一人親方の解説

catch-img

一人親方の労災保険④

一人親方の労災保険はその業務の実態から見て、一般の雇用契約にある労働者に準じて取り扱うのが適当であると認められる業務に従事する者に対して適用される任意の保険です。そのため対象となる業務は建設業に限られていません。労働者を使用しないで下記の業務に従事する一人親方が特別加入の対象です。

記事を見る


catch-img

一人親方の労災保険給付

労災保険には、業務上または通勤による負傷、疾病、障害、死亡に対してさまざまな保険給付があります。大きく分けて現金で給付されるものと現物(医療行為等)により給付されるものがあり、具体的にどういう場合にどういう給付が受けられるのかについて、なかなか分かりづらい部分があります。

記事を見る

catch-img

一人親方(職人)の契約②

建設業法において丸投げというのは一部の例外を除いて禁止されており、また建設業の許可を受けていない場合には1件の請負金額が500万円を超える工事を請け負うことはできないため、一人親方の場合請負契約は下請け契約となることがほとんどです。

記事を見る


catch-img

一人親方の判断基準④

一人親方としての働き方について偽装請負が依然として横行してiいる点を国土交通省は建設業社会保険推進・処遇改善連絡協議会において問題視し、今後一人親方化の抑制が進められることが予想されます。一人親方自身も、一人親方を使用する会社もその点を踏まえて働き方を考える必要があります。

記事を見る

catch-img

一人親方の確定申告②

一人親方として独立した場合、個人事業主になるため自分で会計をしなければなりません。個人事業主の経理は大きく分けて二つ。いくら売り上げがあったか、その売り上げの為にいくら使ったか。この二つです。このページでは青色申告を前提として説明致します。

記事を見る

catch-img

一人親方の労災保険③

一人親方というと、通常は見習いとして親方に弟子入りをして技術研鑽に励み、技術をある程度身に着けたところで独立して一人親方になる。というように日本的な職業制度と思いがちですが、現在では外国人にも一人親方が多くなってきました。

記事を見る

catch-img

一人親方の労災保険②

一人親方の労災保険に特別加入するためには、労働局より承認を受けた一人親方団体が労働基準監督署を通じて労働局に申請する必要があります。届け出る項目として主なものは氏名、生年月日、業務又は作業の具体的な内容、従事する特定業務、給付基礎日額です。

記事を見る

catch-img

一人親方の確定申告

一人親方は個人事業主です。個人事業主である以上毎年確定申告をする必要があります。確定申告を怠ると不利益なことがありますので必ず行ってください。ちなみに、元請等と雇用関係がある場合それは一人親方ではなく従業員となります。

記事を見る

お問い合わせ専用ダイヤル
平日 9:00〜18:00 年末年始は除く