一人親方の解説

catch-img

一人親方の年金②

一人親方の多くは国民年金に加入していると思われますが、国民年金の保険料は令和元年度(平成31年4月より令和2年3月)は月額16,410円です。年間にすると20万円近くになります。夫婦ともに国民年金の場合は40万近くになり、結構な負担となります。

記事を見る

catch-img

一人親方の労災保険給付④

4月になってから新型コロナウィルスに感染した場合、労災保険が使えるかという問い合わせが増えてきました。新型コロナウィルスの感染が急速に広がる中、仕事、プライベートを問わず、誰にでも感染するリスクがあります。

記事を見る

catch-img

一人親方への助成制度

新型コロナウィルスの感染拡大の終息が見えない中、4月7日ついに緊急事態宣言が発せられました。政府は苦境にある中堅企業、中小企業、小規模事業者や個人事業主(フリーランス)などを対象とした新たな給付金制度の創設を打ち出しました。名称は「持続化給付金」と言います。現時点で判明している内容は下記の通りとなります。一人親方は個人事業主の方が多いので、この制度は大いに活用できると考えられます。

記事を見る

catch-img

一人親方の労災保険給付③

一人親方の労災保険の給付には脚立から転落のような明らかな外傷とは別に業務上疾病という分類があります。業務上疾病とはある作業に長期間・長時間従事していた為に発症したもので、そのため発症原因が業務によるものか判断が非常に難しいケースがあります。

記事を見る

catch-img

一人親方の労災保険⑤

一人親方の労災保険の特別加入ができる職種は「特に限定はなく、土木・建築その他の工作物の建設・改造・保存・修理・変更・破壊もしくは、解体又はその準備の作業(設計・監理業は除く)に従事している方及びその家族従業者が対象です。」とされています。

記事を見る




catch-img

一人親方の労災保険④

一人親方の労災保険はその業務の実態から見て、一般の雇用契約にある労働者に準じて取り扱うのが適当であると認められる業務に従事する者に対して適用される任意の保険です。そのため対象となる業務は建設業に限られていません。労働者を使用しないで下記の業務に従事する一人親方が特別加入の対象です。

記事を見る