事故が起きたら

労災事故発生  

病院で受信

仕事中の事故である旨病院へ申し出る。治療費に関しては病院の指示に従って下さい。

当共済会より返答

事故内容確認

報告いただいた労災事故の内容に基づいて、今後の流れ等をご連絡致します。

書類の送付

労災申請書類

当共済会が書類を作成して、ご自宅に郵送致します。

病院へ提出

提出書類の提出

共済会から届いた書類を、受診した病院へ提出してください。 提出の際は支払済みの領収書を持参して下さい。以後の受診費用が無料になります。

  • 必ず、返信用のメールアドレスを明記してください。
  • 平日の事故報告については、遅くとも2営業日以内に返信致します。
  • 祝祭日の事故報告については、祝祭日明けの返信になる場合があります。
  • 事故報告のメールを送信いただきますと当共済会から自動返信メールが届きます。
  • 自動返信メールが届かない場合、メールの設定等により当共済会がメールの受信ができていない可能性があります。その場合は、設定を見直して再度送信願います。

労災事故申請フォーム

 

現認者とは災害を目撃した人又は近くにいた人又は災害発生を最初に報告を受けた人を言います。仕事関係の人が望ましい。


医療機関が複数ある場合は備考欄に全て(病院、診療所、薬局)の名称、住所、連絡先をご記入ください。

※ 業務災害の場合は事故発生時の状況の略図を、通勤災害の場合は通勤経路の略図を作成の上アップロードしてください。アップロードができない場合は、別途FAX又はメールにて略図を送信してください。

※ 白紙の用紙にご記入いただき、それを写メでアップロードする方法でも結構です。

労災事故手続きに関する費用の詳細

 労災センター共済会では 1 件の労災事故の手続きにあたって下記の表の区分に応じて労災事故負担金が発生しますが、令和元年10月1日以降の労災事故に関しては当分の間免除と致します。9月30日までの労災事故に関しては従前どおりの取り扱いとなり、療養関係及び休業関係は3,300円、その他関係は2,200円の費用が発生します。

区分  手続書類  費用
療養関係  ① 療養(補償)給付支給申請書
② 療養(補償)給付たる療養の給付を受ける指定病院等(変更)届
③ 療養(補償)給付たる療養の費用請求書
④ 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(薬局)
⑤ 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(柔整)
⑥ 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(はり・きゅう) 
0円 
休業関係  ① 休業(補償)給付支給請求書
② 休業(補償)給付支給請求書付属書類
※ 休業は原則として歴月単位で請求致します。 
0円
その他関係  ① 障害(補償)給付支給請求書
② 遺族(補償)給付支給請求書
③ 葬祭料請求書
④ 第三者行為災害届及びその付属書類 
0円

注意事項

  1. 労災事故の処理は一般社団法人労災センターが各一人親方団体より受託しております。
  2. 書類作成にあたり医療機関とのやり取りは会員様又は加入者様が主として行ってください。
  3. 当共済会との労災事故に関するやり取りは原則としてメール(例外的に FAX)とします。お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。
  4. 労災事故概要の作成まで概ね平均して往復4、5回程度メールのやり取りを想定しております。
  5. 労災給付の受給の可否は当共済会では一切の責任を負いません。
  6. 労災事故の手続きをご自身で行う場合は、労災保険給付関係請求書等手続書類の記入事項をもれなく記入し返信用封筒(切手貼付済み)を同封の上、 当共済会に送付願います。当共済会ではお名前、生年月日、住所、加入中の事故かどうかの確認の上押印してご返送致します。事故の内容の確認は致しません。
  7. 民間の任意労災保険の支給手続きをする場合など、上表の書類の写しが必要となる場合がありますので、ご自身で責任を持ってコピーを取って保管してください。 
お問い合わせ専用ダイヤル
平日 9:00〜18:00 年末年始は除く