一人親方ブログ

 一人親方について労災保険の特別加入をメインにお役立ち情報をお届けしております。

労災保険の追加給付を解説!振り込まれた人はいるか、金額はいくらかも紹介

この記事では、労災保険の追加給付に関する情報を総合的にまとめています。労災保険に追加給付が生じた理由・背景や、対象者となる人、受け取れる金額がいくらなのかも解説。さらに、すでに振り込みが完了した人がどの程度いるのかも解説しています。

記事を見る



副業・ダブルワークなどの複数就業している場合の労災保険の取り扱いを解説します!

労災保険は一般的に業務が原因によるケガや疾病、あるいは通勤途上におけるケガに対してその療養の費用、休業時の生活保障、後遺症がある場合の補償、または死亡した場合にその遺族への補償をするための国の保険です。  労災保険は雇用関係にある労働者全員が加入するためのもので労災保険料は全額会社(事業主)が負担します。正社員・パート・アルバイト等雇用形態を問いません。ただし、建設業の一人親方を初めとしてご自身で労災保険料を負担する場合も一部あります。  最近は副業や兼業など複数仕事を持っている方が増えてきました。このような場合において労災保険はどのような取り扱いをするのかについて解説致します。

記事を見る

労災保険における通勤災害とは?通勤途上での労災事故について解説します!

労災事故は大きく分けると仕事中に仕事が原因でケガをした場合、あるいは疾病にかかった場合の「業務災害」と通勤途上でケガをした場合の「通勤災害」の2つがあります。  労災保険は業務災害と通勤災害とを明確に区別しております。通勤災害において労災保険の使用が認められるにあたり、まず通勤が合理的なものであったかについて判断されます。  また、通勤災害が自動車事故だった場合は、労災保険と自賠責保険の両方が使えるケースも少なくありません。

記事を見る

労働者供給事業と労働者派遣業の違いとは?一人親方の偽装派遣についても解説します!

一人親方を派遣すると聞いて、労働者供給事業と労働者派遣業を思い浮かべる方も多いのではないのでしょうか。労働者供給事業と労働者派遣業はどちらも労働者が派遣されて仕事を行う方法です。  しかし、労働者供給事業と労働者派遣業には、雇用関係や支配関係、誰が派遣元になれるのかといった違いがあります。また、建設業の一人親方のように請負契約において建設業に従事する方もいます。  請負業の場合、労働者供給事業や労働者派遣業は関係のないことのように思えますが、実は知っておかないと法律に関わることもあります。

記事を見る

一人親方こそ退職金を準備すべき!退職金制度について解説

一人親方の場合、退職金など必要ないと思うかもしれませんが、実は一人親方こそ退職金を準備しておく必要があります。退職金は税制上有利になるよう工夫されており、通常の所得税とは控除額が異なるからです。一人親方が加入できる退職金制度には小規模企業共済や建設業退職金共済、iDeCoなどがあるので、加入条件や退職金の金額などをしっかり考慮して制度を選ぶようにしましょう。

記事を見る

フードデリバリー配達員の契約形態とは?問題点や万が一の事故の際の労災保険も解説!

ウーバーイーツや出前館などのフードデリバリー配達員として働く場合、その契約形態は個人事業主などの一人親方になることがあります。個人事業主は収入が不安定になりやすい・雇用保険や労災保険などの社会保障がないなどのネックがありますが、フードデリバリー配達員として継続的に収入を得られるように、そのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

記事を見る

労災保険で請求できる移送費や治療用装具費に関する基礎知識

労働中の怪我を治療するためにかかった通院費や、治療費にプラスして発生したギプス代など。労災保険には通院費や治療装具費を給付する仕組みがあります。本記事では治療のためにかかった通院費(移送費)や治療装具費が支給される条件と、申請方法をご紹介します。

記事を見る

労災保険と労働基準法の災害補償の関係についてわかりやすく解説します

労働中の怪我や病気を支援する労災保険と労働基準法には関係があり、労働基準法「災害補償」を一部~全額を会社に代わって負担するのが労災保険の仕組みです。この記事では労災保険の給付項目と、労働基準法の「災害補償」の関係性を詳しく解説していきます。

記事を見る

新着記事

労災保険について

一人親方に関する動画

一人親方の労災保険のご案内

労災保険の特別加入手続きのご案内

お役立ち情報

お問い合わせ・用語集