一人親方の解説

一人親方の労災保険

1、労災保険の趣旨

 労災保険は労働者の仕事中又は通勤途上での万が一の災害に対して、その災害で被ったケガや病気に対して補償するためのものです。ところで、労働基準法には療養補償、休業補償、障害補償、遺族補償等労災保険法と同じような補償の規定があります。事業主によっては補償能力が低いなど十分な補償が確保できなかったり、補償期間が長期化するなどしたりした場合、被災した労働者が不利益を被る可能性があります。労災事故が発生した場合、事業主によって補償に差が生じては労働者保護に欠けてしまいます。

 そこで労働基準法の災害補償の規定を事業主から保険料を徴収して国が代行して行う制度として労災保険法が成立しました。つまり、労災保険法とは労働基準法の労働者保護をより実効性のあるものにするために国が主体となった保険形式の制度と言えます。

2、一人親方の労災保険の特別加入

 一人親方とは本来自らの責任と能力で請け負ったお仕事を完成させます。そのため、他人に雇用されることを前提とした労災保険は一人親方に適用させる余地は全くないと言えます。しかし、一人親方として働く方は通勤や業務など外形的には一般労働者と変わりがない場合もあります。そこで、任意の組合を組織し一人親方をその組合員とした場合、組合を使用者、組合員である一人親方を労働者とみなして労災保険に加入させる道を拓きました。ただし、これはあくまでも労災保険法上の特別措置となるため以下のような様々な制約があります。

  • 一人親方には給料というものがありません。そのため、あらかじめ定められた給付基礎日額というものを届け出る必要があります。
  • 従業員を雇用した場合、一人親方の労災保険の加入を継続できなくなります。ただし、年間100日未満の雇用なら問題ありません。
  • 粉塵を伴う作業、振動工具や鉛や有機溶剤を使用する業務に過去就いていた経験があってその年数が一定の年数を超える場合は健康診断の受診義務があります。
  • 通常の労災保険の給付にはボーナスを基礎とする特別支給金がありますが、特別加入に限ってはボーナスというものがないので、ボーナスを基礎とする特別支給金はありません。
  • 通常の労災保険は無記名の保険です。そのため、1日1時間でも働いた場合は働いた時間に対して労災保険料を支払います。しかし、特別加入の場合は特別加入者の名前、生年月日、従事する仕事の内容、給付基礎日額というのをあらかじめ任意の組合(一人親方団体)を管轄する労働基準監督署に届け出る必要があります。

※  労災保険の特別加入というと建設業の一人親方以外にも運送業を対象とした労災保険の特別加入、中小企業主や海外派遣者等を対象としたものもありますが、ここでは説明致しません。ご興味のある方は下記のページをご覧になってください。



お問い合わせ専用ダイヤル
平日 9:00〜18:00 年末年始は除く