一人親方の解説

catch-img

一人親方への助成制度

 新型コロナウィルスの感染拡大の終息が見えない中、令和2年4月7日政府より緊急事態宣言が発出されました。政府は苦境にある中堅企業、中小企業、小規模事業者や個人事業主(フリーランス)などを対象とした新たな給付金制度の創設を打ち出しました。名称は「持続化給付金」と言います。現時点で判明している内容は下記の通りとなります。一人親方は個人事業主の方が多いので、この制度は大いに活用できると考えられます。

  • 中堅企業、中小企業、小規模事業者は上限 200 万円、個人事業主は上限 100 万円の現金給付
  • 売上が前年同月比 50%以上減少した事業者
  • 前年度の事業収入からの減少額を給付する

給付額は前年の総売上(事業収入)―(前年同月比▲50%月の売上×12か月)です。

仮に前年の総売上が400万で前年4月に40万円、今年4月が18万の場合、下記のような計算になります。

        400万円-(18万円×12か月)=184万円


この場合、中堅企業、中小企業、小規模事業者の上限は200万円のため184万円、個人事業主の上限は100万円のため100万円が支給額となります。一人親方は個人事業主のため100万円が上限となります。


詳しくは下記にてご確認ください。

持続化給付金に関するお知らせ

持続化給付金 申請要領