一人親方の解説

catch-img

一人親方の確定申告②

 一人親方として独立した場合、個人事業主になるため自分で会計をしなければなりません。個人事業主の経理は大きく分けて二つ。いくら売り上げがあったか、その売り上げの為にいくら使ったか。この二つです。このページでは青色申告を前提として説明致します。

1、経費項目

 売り上げは入ってくるお金ですから、売り上げになるかどうかは判断しやすいと思いますが、経費はなかなか判断が難しい。要するに、何かにお金を使って、その使った理由が仕事のためかどうか説明できるのかということになります。一人親方の場合どういう経費が考えられるでしょうか?例えば、大工の一人親方が次の現場は粉塵が舞う場所なので「マスク」を購入したといった場合はもちろん経費計上できます。しかし、ペットの餌代を経費に計上したいとします。これはどう理由をつけても仕事に関係するのかを説明できないと思います。この場合には経費になりません。

 一人親方だからと言って株式会社などが使用する経費項目とあまり変わりはありません。ちなみに、仕事で使用する材料は「経費」ではなく「売上原価」として会計上は計上します。


経費項目

租税公課

収入印紙、登録免許税、自動車税、固定資産税、住民票発行手数料、印鑑証明発行手数料、など

(注) 経費として認められないもの

所得税、住民税、延滞税、加算税、交通反則金、など
荷造運賃
宅急便、バイク便、ゆうパック、運送会社支払、倉庫代(一時)、など
水道光熱費
電気料金、ガス料金、水道料金、灯油代、プロパンガス、など

旅費交通費

電車、バス、タクシー、高速料金(ETC含)、時間極パーキング、出張旅 費・宿泊、など

(注)飲食接待時のタクシー代は接待交際費

通信費

電話、携帯電話、ファックス、切手、郵便、プロバイダー使用料、Wifi、 インターネット関連、など

(注)携帯電話などプライベートでも使用する場合には按分が必要

広告伝費

ホームページ、ポスター、チラシ、屋号入りグッズ、見本品、など

接待交際費


接待飲食、会議飲食、手土産、宴会参加費、接待時のタクシー代、お中元、 お歳暮、ゴルフ関連費、祝儀、香典、ライオンズクラブ会費など

(注)祝儀・香典などで領収書のない場合は、「出金伝票」を作成

損害保険料

事務所に係る損害保険、工事に係る損害保険、自動車保険、自賠責など

(注)マイホームの地震保険や生命保険は経費でなく「所得控除」で引きます

修繕費

 事務所修繕、機械装置修理、器具修理など

(注)60万円を超える場合は、減価償却の対象となる場合がある

消耗品費

材料以外の”物(備品)”で10万円未満のもの

文房具、小物、事務所日用品、机、いす、PCなど     

(注)10万円以上のものは減価償却の対象となる。ただし、青色申告者は、30万円未満であれば、消耗品費として経費計上できる

減価償却費


10万円以上の→車両、工具備品、機械装置、建物付属設設備(内装代)、 

構築物(舗装代等)、建物などの償却額

(注)青色申告者は、30万円以上が減価償却の対象となる

福利厚生費

従業員を対象とした、慰安旅行、忘年会、運動会、常備薬、祝儀、香典、 表彰記念品、研修教育費、資格取得費、お茶代など

(注)得意先などを対象としたものは接待交際費となる

給料賃金


[雇用]従業員の給料や賞与

(注)所得税の源泉徴収が必要になる場合がある

(注)生計一の家族への給与は「専従者給与」へ記載する

外注工賃

請負]他の業者に工事の一部を依頼したときの支払


利子割引料

事業資金の借入金の利子、手形の割引料など

(注)借入金の元本の返済は経費にならない

地代家賃

事務所家賃、倉庫家賃、置き場地代、月極駐車場など

(注)自宅兼事務所などの場合には按分が必要

車両費

ガソリン、軽油、オイル、車検、修理、整備点検、パーツ、その他


支払手数料

銀行手数料、仲介手数料、コンサル料、税理士等報酬、解約手数料など

(注)個人への報酬の支払いは所得税の源泉徴収が必要になる場合がある


2、記帳

 日々のすべての取引を請求書や領収書、通帳などから帳簿といわれるものに書き込まなければなりません。この帳簿付けはだいぶ大変な作業ですが、現在は会計ソフトが非常に有能ですので是非会計ソフトをご購入なさって日々帳簿付けをすることをお勧めいたします。慣れれば簡単にできますよ。「やよいの青色申告」や「みんなの青色申告」など自分に合ったものを選択するといいでしょう。


仕訳帳

総勘定元帳
全ての取引を、複式簿記の仕訳で日付順にまとめた帳簿
全ての取引を、種類(勘定科目)ごとにまとめた帳簿。

 主帳簿の補助的な役割を担うのが「補助簿」です。業種によって、使用する補助簿は異なります。以下に例示したもの以外にも様々な種類の補助簿があり、必要に応じて作成します。


帳簿の名前
概要
現金出納帳
現金での取引を日付順・発生順に記録する帳簿
預金出納帳
銀行預金での取引を日付順・発生順に記録する帳簿。
経費帳
必要経費に関する取引をまとめた帳簿
売上帳
売上に関する取引を記録する帳簿
買掛帳
材料費の支払いが後日になる取引をまとめた帳簿
売掛帳
売り上げの回収が後日になる取引をまとめた帳簿
固定資産台帳
減価償却する固定資産をまとめたもの

 一人親方の場合、個人的な通帳と個人事業主としての通帳をまとめて一つの通帳としている方がいますが、普段の生活と一人親方としての仕事を公私混同しないためにも最低限銀行口座は別々にした方がよさそうです。可能ならば財布とクレジットカード等も別々にすべきでしょう。



お問い合わせ専用ダイヤル
平日 9:00〜18:00 年末年始は除く