偽装一人親方とは。現場の実態や対策について解説

2020-12-25 20:02

偽装一人親方とは、企業が雇用契約にある従業員を請負契約の一人親方として扱うことです。社会保険料や雇用保険料、残業代の節約などを目的として企業が偽装するケースがあります。偽装一人親方の解決を目指して、国や現場では啓もう活動や入場制限などの対策を取っています。