用語集

障害等級

 障害(補償)給付は、障害の程度に応じて行うこととされており、その対象とすべき身体障害の等級は、障害等級表に定められております。

障害等級1~7級の場合は年金給付となり、障害等級8~14級の場合は一時金給付となります。そのため、障害等級7級と障害等級8級の間には大きな差があります。

なお、障害等級表に掲げる障害等級が2以上ある場合は下記のいずれかによることとされています。

  • 障害等級の併合・繰上げ
  • 障害(補償)給付の加重
お問い合わせ専用ダイヤル
平日 9:00〜18:00 年末年始は除く