原付バイクで走行中ガードレールにぶつかり負傷したケース
【神奈川県一人親方の労災事故】

労災概要

原付バイクで走行中ガードレールにぶつかり負傷したケース

職種

管(配管)・ダクト工事

労災発生状況

令和4年1月11日、株式会社A工業から請け負った、Aリボート株式会社での管(配管)・ダクト工事作業終了後、午後17時10分頃車を乗り合わせて現場を出発。一般道を通り、株式会社A工業置き場・駐車場で降車。午後18時頃小雨が降っていたが自身の原付バイク(49cc)に乗り換え、午後18時10分頃国道を時速40キロで走行中、対向車のライトが眩しいと思った瞬間タイヤがスリップし、左側のガードレールにぶつかり左足・背中を負傷した。痛みをこらえながら原付バイクで株式会社A工業置き場・駐車場に戻った後、病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して4年9カ月目の事故