歩道を歩いていた際転倒して負傷したケース
【東京都一人親方の労災事故】

労災概要

歩道を歩いていた際転倒して負傷したケース

職種

内装・内装仕上工事

労災発生状況

令和4年1月7日、株式会社Tから請け負った、T市K町計画での内装・内装仕上工事において、午前6時頃自家用車で出発し、国道・街道等を通り現場に向かった。現場近くのコインパーキングに駐車後、午前7時50分頃、レーザー墨出し器収納ケース(金属製・250mm×200mm×250mm・持ち運び用ベルト付)を左肩から斜め掛けしながらK町1丁目交差点付近の歩道を歩いていた際、圧雪された信号付近の歩道傾斜部に左足を着いた瞬間、左足を滑らせ勢いよく仰向けの状態で転倒。道路と右背中の間に収納ケースを挟む形で転倒したため肋骨と腰を負傷した。痛みをこらえながら現場に行き、事故の報告をしてから作業せずに帰宅。すぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して5年9カ月目の事故