立ち馬から仰向けに落下して負傷したケース
【大阪府の一人親方の労災事故】

労災概要

立ち馬から仰向けに落下して負傷したケース

職種

解体工事

労災発生状況

令和3年11月25日午前11時頃、S建工株式会社から請け負った、同社倉庫解体撤去工事にて、鉄骨造の物置にあった廃材(鉄屑・産廃等)を降ろすため、立ち馬天板(高さ約50㎝)に乗ったところ、敷鉄板に少し油が付着していたこともあり、立ち馬の脚位置がずれてしまった瞬間、バランスを崩し仰向けに産廃が散乱している敷鉄板の上に右頭部から落下(ヘルメット着用)。右耳・左側頸椎を負傷した。作業を中断してすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して7カ月目の事故