屋根が抜け落ちて高さ4mの場所から落下し負傷したケース
【埼玉県の一人親方の労災事故】

労災概要

屋根が抜け落ちて高さ4mの場所から落下し負傷したケース

職種

塗装工事

労災発生状況

令和3年10月14日午後15時頃、F株式会社にて、株式会社Bから請け負った塗装工事での、屋根の塗料吹き付け作業の際、15時の休憩後に行う作業の段取りとして、吹き付け機材「エアレス」のホースとガンを回収時、屋根が抜け落ちて高さ4mの場所から落下し、工場内の機材付近のコンクリートの地面に落下した。(ヘルメット着用・500mlのペットボトル位の大きさのガンを左手に持っていた)石膏の波板材だった為下地の無い箇所に乗ってしまい割れて落下したと思う。両腕、腰、頭を負傷し、作業中断してすぐに救急車で病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年7カ月目の事故