ボルトで右足を滑らせ地面に転倒して負傷したケース
【群馬県の一人親方の労災事故】

労災概要

ボルトで右足を滑らせ地面に転倒して負傷したケース

職種

内装・内装仕上工事

労災発生状況

令和3年10月7日午後14時頃、U内装から請け負ったアパート内装工事での内装下地作業の際、午前中の作業を終え、これから使用する軽量材のアングルを有限会社A所有倉庫まで車で行き、倉庫内資材置き場で探していた。急いでいたこともあり棚の上部ばかり気をとられてしまい、棚の下.足元にある角材(100mm×100mm)に気付かず、左足を引っ掛けバランスを崩していたところに、床に置いてあったボルト約20本(太さW3/8・長さ約1m)で右足を滑らせ、左足を捻りながらコンクリート地面に転倒。左足下腿を負傷した。車は友人の林童氏が運転し、痛みをこらえながら現場まで材料を持って行ってから作業を中断して病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年6カ月目の事故