立ち馬から資材の上に仰向けに落下し腰を負傷したケース
  【東京都の一人親方の労災事故】

労災概要

立ち馬から資材の上に仰向けに落下し腰を負傷したケース

職種

建築工事、大工工事、土木工事

労災発生状況

令和3年2月18日午後16時50分頃、浄水所にて、株式会社T建設から請け負った大工工事での機械棟1F・壁型枠建込作業として、立ち馬に乗り、背伸びをしながら上部の釘止め作業中、バランスを崩し立ち馬と共に床に置いてあった資材(足場材)の上に仰向けに落下し腰を負傷した(墜落高さ約1.4m=立ち馬0.9m+床段差約0.5m、ヘルメット着用)。作業を中断して帰宅。当日は湿布薬貼付して安静に過ごし、翌日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(証明代)を提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して4か月目の事故