階段壁の塗装作業中、左足を踏み外し滑り落ちて負傷したケース
  【広島県の一人親方の労災事故】

労災概要

階段壁の塗装作業中、左足を踏み外し滑り落ちて負傷したケース

職種

塗装工事

労災発生状況

令和3年7月27日午後16時頃、R社にて、同店オーナー・D氏から請け負った塗装工事の際、店舗2階から1階出入り口に向かって、ローラーを使い上部を見上げながら高さ約3mの階段壁の塗装作業中、下から4段目あたり(階段1段の高さ約20㎝)のところで誤って左足を踏み外し、左足首を捻りながら転倒。腰(左側)・臀部を打ち付けながら1番下まで滑り落ちてしまった。痛みをこらえながら作業終了まで作業をして帰宅。湿布薬を貼付・鎮痛剤を服用して安静に過ごし、翌日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して2年4か月目の事故