接着剤にバーナーの火が引火して火傷を負ったケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

接着剤にバーナーの火が引火して火傷を負ったケース

職種

大工工事

労災発生状況

令和3年6月13日午後2時頃、D株式会社から請け負ったマンションの居室内の洗面所床工事(開口部補修・CFシート貼替・ソフト巾木貼替)において、バーナーを使用してソフト巾木の曲げ加工をしている時に、接着剤が気化していて、そこにバーナーの火が引火して、左手(中指・薬指・小指)と左手首と左膝に2度の火傷を負った。救急車で搬送された。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 障害(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して3年3か月目の事故