脚立から落下して負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

脚立から落下して負傷したケース

職種

エクステリア・外装・外溝工事、解体工事、とび工事、土木工事

労災発生状況

令和3年6月10日午後16時頃、自社倉庫にて、有限会社Tから請け負った株式会社Rno営業所2号棟20℃冷房改修工事での土木工事(令和3年3月16日から同年5月1日)で使用した道具(電動工具やスコップ等)の片付け作業をしていた。(工事終了後、コロナの影響で仕事がなかった為そのままにしていたが、次の仕事再開に向けての準備でもあった)4段脚立の下から3段目に上り、棚に道具を片付ける際、身を乗り出した瞬間にバランスを崩しコンクリートの地面に落下、左膝を負傷した。当日は時間的なこともありそのまま様子を見たが、翌日になっても痛みが続いた為、6月11日に病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の費用請求書を提出(労災指定外医療機関のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して7か月目の事故