高速道路上でタイヤがスリップして右側の壁に激突して負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

高速道路上でタイヤがスリップして右側の壁に激突して負傷したケース

職種

建築工事

労災発生状況

令和3年6月4日、H工業から排水樋門での材料回収を請負い、3tトラックにアングル・ボルト等を積み込み後、置いていた場所の後片付けをしてから午後1時40分頃現場を出発。午後6時頃高速を時速約50キロで走行中(シートベルト着用)、大雨で路面が濡れていたためI町ジャンクションのカーブでタイヤがスリップし、右側の壁に激突した。その衝撃によって首・肩・胸部・両膝を負傷した。当日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)

一人親方の労災保険に加入して1年2か月目の事故