床材が抜け基礎の石部分に右足を強打して負傷したケース
  【埼玉県の一人親方の労災事故】

労災概要

床材が抜け基礎の石部分に右足を強打して負傷したケース

職種

足場工事、とび工事、解体工事

労災発生状況

令和3年5月18日午前11時頃、木造平屋建物解体撤去工事にて、有限会社N商会から請け負った解体工事での上屋解体作業の際、床上に散乱していた木材を重機で一箇所に集めている傍らで、手で持てる木材を集めて床上を歩いていた瞬間、突然床材が抜け、約60㎝下にあった基礎の石部分(約幅30㎝円形)に右足を強打し右足甲を負傷した。痛みをこらえながら作業終了まで作業をしてから当日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1か月目の事故