階段から滑り落ちてしまい腰と右腕を負傷したケース
  【新潟県の一人親方の労災事故】

労災概要

階段から滑り落ちてしまい腰と右腕を負傷したケース

職種

大工工事

労災発生状況

令和3年4月1日午前8時40分頃、A氏邸にて、建設会社から請け負った大工工事で内装作業として、これから使用する道具等を作業場所となる2階へ運び入れていた。1階に戻るため、折り返し階段を降りていたところ、下から4段目(階段1段の高さ約22㎝)を誤って踏み外し、1番下まで約1m滑り落ちてしまい腰と右腕を負傷した(ヘルメット着用)。作業を中断し帰宅。当日は湿布薬を貼り安静に過ごし、翌日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して3年目の事故