シャッターに頭をぶつけ負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

シャッターに頭をぶつけ負傷したケース

職種

足場工事、塗装工事、内装・内装仕上工事、防水工事

労災発生状況

令和3年2月16日午後14時頃、自身が契約しているレンタル倉庫にて、塗装会社から請け負った、木製の工具箱(W800D300H600位×5個)の塗装作業完了後、使用した道具を倉庫内で片付けている際、表の脚立に立て掛けていた物が倒れそうになった為、慌てて倉庫の外へ飛び出した時に、高さ170cm程のところまで下りていたシャッターに頭をぶつけ、負傷した。作業を中断し、すぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1か月目の事故