手すりが右手親指に当たり負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

手すりが右手親指に当たり負傷したケース

職種

足場工事

労災発生状況

令和2年12月12日午後13時頃、マンション外部仮設工事にて、建設会社から請け負った足場工事の際、手摺(約1.8m・重さ約6㎏)を足場上部へ運び入れるため、足場の下(地上)に立ち、手摺を下から2段目の足場上(高さ約4m)の受取人に手渡していたところ、手を離すタイミングがずれたことにより手摺が落下し、右手親指に当たり負傷した。痛みをこらえながら準備作業終了まで作業をして帰宅。当日は自宅でアイシングをやりながら安静に過ごし、翌日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)

一人親方の労災保険に加入して8か月目の事故