作業台から転倒、台端部より半身が落下し負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

作業台から転倒、台端部より半身が落下し負傷したケース

職種

塗装工事、内装・内装仕上工事

労災発生状況

令和2年12月12日午後15時10分頃、ショールーム新装工事にて、塗装会社から請け負った塗装工事の際、地上3.6m程に面する天井を、高低伸縮可能な鋼製作業台(W2000 D1500 H1200程)の上で、右手に塗装用刷毛、左手に塗装用ポリ缶を持って塗装工事中、バランスを崩して作業台から転倒、台端部より半身が落下し、その際上半身を1m先にある別の作業台(前出作業台同形状)端部に左脇腹を強打し肋骨4ヶ所を骨折、左肘も負傷した。作業を中断してすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の費用請求書を提出(労災指定外医療機関のため)
  • 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(移送代)を提出
  • 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(柔道整復師)を提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年11か月目の事故