脚立から落下して負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

脚立から落下して負傷したケース

職種

電気・通信工事

労災発生状況

令和2年10月21日10時頃、プレハブ事務所新築工事にて、建具会社から請け負った大工工事の際、プレハブ内にて6段脚立の4段目(高さ約120㎝)に立ち、中柱の高さ約2m70㎝の位置に見上げながら板金カバーを左手で押さえ、右手にインパクトドリルを持って、板金カバー取付作業中、誤ってバランスを崩しコンクリートと土の段差のある地面に体右側から落下。咄嗟に右手を出したが体重を支えられず体右側を強打してしまい、特に右手首を負傷した。作業を中断し病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)

一人親方の労災保険に加入して3年8か月目の事故