コンクリート土間に落下して負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

コンクリート土間に落下して負傷したケース

職種

足場工事

労災発生状況

令和2年10月30日午前8時50分頃、倉庫解体撤去工事にて、解体業者から請け負った足場工事での、庇ストレート撤去事前作業となる親綱設置作業(安全帯・ヘルメット着用)の際、庇ストレート(厚さ約5mm)に足を置いた瞬間、庇ストレートを踏み抜いてしまい、約6m下のコンクリート土間に背中から落下。全身を強打してしまい、特に頭・背中を負傷した。作業を中断し救急搬送された。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して2年5か月目の事故