後続車に追突されて負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

後続車に追突されて負傷したケース

職種

ダイヤモンドコア工事、アンカー工事

労災発生状況

令和2年5月14日、建設会社より請け負った新築マンションのアンカー工事において、午前6時55分に自宅を車で出発した。7時頃高速道路の料金所(登り)のETCレーンを通過していた時に前を走行していた車がETCカード未装着のため急ブレーキをかけて停車したため、追突を回避しようと急ブレーキをかけて停車した。その直後に後続車に追突された。その際、腰から首にかけて負傷した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 第三者行為災害届を提出

一人親方の労災保険に加入して2年5か月目の事故