運転席ドアに右手の薬指が挟まれて負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

運転席ドアに右手の薬指が挟まれて負傷したケース

職種

足場工事、建築工事、とび工事、土木工事

労災発生状況

令和2年10月7日午後14時頃、建設会社資材置き場にて、同社から請け負った建築工事での作業小屋組立作業中、小屋脇に駐車していた会社所有の軽四箱バンの運転席と後部スライドドアを開け、運転席側の縁に右手をかけて後部座席から、これから使用する小型水平器を取ろうとしていたところ、車前方にいた同社社長が、被災者がドア縁に右手をかけていると気付かず、開いていた運転席ドアを閉めた瞬間、右手の薬指が挟まれてしまい負傷した。作業を中断し病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出
  • 第三者行為災害届を提出

一人親方の労災保険に加入して1年3か月目の事故