脚立から飛び降りた際、右股関節と右肘を地面に打ち付け負傷ケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

脚立から飛び降りた際、右股関節と右肘を地面に打ち付け負傷ケース

職種

電気・通信工事、屋根工事

労災発生状況

令和2年8月18日14時頃、通信会社から請け負った電気工事において、A氏邸改築工事に伴い、設置されていた太陽光発電設備に関する機器の撤去作業のため、建物外部に7段脚立を置き、脚立の6段目上で取り外す機器の配線を引き抜く作業をしていたところ、配線がなかなか抜けず無理に引き抜こうとしたため脚立が動き、傾いたため、慌てて硬い土の地面に飛び降りた。その際、右股関節と右肘を地面に打ち付け負傷。すぐに作業を中断して病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出    
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して4か月目の事故