ベビーサンダーの刃が左足太ももに刃があたり負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

ベビーサンダーの刃が左足太ももに刃があたり負傷したケース

職種

解体工事、建築工事、土木工事

労災発生状況

令和2年7月6日午後14時頃、解体業者から請け負った平屋解体工事での不要材切断作業の際、作業台(高さ約60㎝)の上に足場用のパイプ(長さ約1m、直径約5㎝)を置き、しゃがんだ状態で、左手でパイプの端を持ち、右手でベビーサンダー(幅約12㎝、長さ約26㎝、刃の外径約10㎝、重さ約1.5㎏)を持って切断中、誤って刃がかみこんでしまったことによりベビーサンダーが跳ね上がり、左足太ももに刃があたり負傷した。作業を中断して病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して1年9か月目の事故