脚立から転倒して左肩と腰を負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

脚立から転倒して左肩と腰を負傷したケース

職種

塗装工事

労災発生状況

令和2年6月22日14時頃、塗装会社から請け負ったA氏邸の塗装工事において、風呂場の天井とサッシ周りの枠を塗装する作業をするため、4尺脚立の3段目に股がって作業していたところ、左足を滑らせて脚立から転倒。転倒の際に壁の柱に左肩を強打した上、腰から床に落ちたことにより左肩と腰を負傷した。痛みがあったが作業終了し帰宅。診療時間外のため翌日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年3か月目の事故