足場が目線付近にあり、頭を強く打ち付けて負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

足場が目線付近にあり、頭を強く打ち付けて負傷したケース

職種

外壁・サイディング工事、大工工事、リフォーム工事

労災発生状況

令和2年4月6日14時頃、建設会社から請け負ったA氏邸の木造2階建て新築工事の外部下地工事及び内部造作一式工事において、ヘルメットを着用し作業していたところ、玄関付近の足場が目線付近にあり、頭を強く打ち付けた。ヘルメットを着用していたものの、衝撃で首を強く振られ負傷。当日は業務終了時間まで作業を続けたが、両手がしびれる状況が続いたので翌日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して1年8か月目の事故