基礎の天端をまたぐ際に左足の脛をぶつけ負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

基礎の天端をまたぐ際に左足の脛をぶつけ負傷したケース

職種

大工工事

労災発生状況

令和2年2月11日、ハウスメーカーより請け負ったA氏邸の建方工事の準備(土台ふせ工事)において、午前9時頃建築資材(重さ:15~20㎏、長さ:約1820㎜)を両手に抱えて運んでいた時、基礎の天端(高さ:50~60㎝)をまたぐ際に左足の脛をぶつけ負傷した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して1年10か月目の事故