コンクリートのつなぎ目部分に躓いて右手を負傷したケース
【青森県の一人親方の労災事故】

労災概要

コンクリートのつなぎ目部分に躓いて右手を負傷したケース

職種

タイル・レンガ・ブロック工事、石工事

労災発生状況

令和2年1月25日、建設会社より請け負った商業ビルでの石張り工事において、午前9時頃元請会社の敷地内で現場で使用する石材の汚れ防止、防水の皮膜の加工作業を行っていたところ、加工済みの石材(750×750×30、約45キロ位)を両手で持って運搬中にコンクリートのつなぎ目部分に躓いた。その際、咄嗟に持っていた石材を投げ捨てバランスを崩して右手から地面に倒れ込んだ。その際右手をコンクリートに強く着いたため負傷した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)

一人親方の労災保険に加入して1年9か月目の事故