鉄粉が右目に入って負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

鉄粉が右目に入って負傷したケース

職種

管(配管)・ダクト工事

労災発生状況

令和元年11月8日、建設会社より請け負った商業ビルの13階屋上の冷却塔まわりの配管工事において、事前に会社の加工場で配管を支持固定する金物(大きさ:縦700mm 横400mm 幅100mm)を作成中にベビーサンダーで鋼材を削っているときに鉄粉が右目に入って負傷した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して2年7か月目の事故