カッターの刃が右目の上まぶたにあたり負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

カッターの刃が右目の上まぶたにあたり負傷したケース

職種

塗装工事

労災発生状況

令和1年11月4日11時30分頃、A氏邸にて、塗装会社から請け負った塗装工事にて、足場2段目に立ち、両手でカッター(大きさ約18㎝・刃を約2㎝出して使用)を持ち下から上へと外壁・縦目地のシーリング撤去作業中、突然カッターの刃が折れ、そのままの勢いで両手が顔にぶつかった瞬間、折れ残っていたカッターの刃が右目の上まぶたにあたり負傷した。作業を中断して病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して3年11か月目の事故