丸鋸の刃が左手小指から中指にかけて接触し負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

丸鋸の刃が左手小指から中指にかけて接触し負傷したケース

職種

内装・内装仕上工事

労災発生状況

令和1年8月7日午後14時頃、ビル大規模改修工事にて、建設会社から請け負った内装仕上工事での納戸底板の際根太改修作業の際、木材を現場に合うサイズに切断しようと、しゃがんだ状態で、右手に電動丸のこ(刃径 約125㎜・重さ 約2.7㎏)を持ち、左手で木材(大きさ700㎜×40㎜×30㎜・重さ約400g)を持ちながら手前から奥に向かって切断作業中、突然左手方向にキックバックしてきたため、丸鋸の刃が左手小指から中指にかけて接触し負傷した。作業は中断し、すぐに救急搬送された。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して4年1か月目の事故