脚立から落下して負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

脚立から落下して負傷したケース

職種

プレハブ建て方工事

労災発生状況

令和元年7月30日、ハウスメーカーから請け負った建売の新築工事の作業をしていた。13時頃、バルコニーの床仕上げ材が必要になり、倉庫で6段ある脚立の5段目にのって棚の上に置いてある仕上げ材(30㎝×30㎝、約50gを3枚)を取ろうとしたところ右足を滑らせ、約180㎝の高さから転落。頭蓋骨骨折、肩を打撲した。すぐに作業を中断し病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して3か月目の事故