木製足場板上で滑り後方へ仰向けに転倒して負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

木製足場板上で滑り後方へ仰向けに転倒して負傷したケース

職種

建築工事

労災発生状況

令和1年6月12日午前9時30分頃、建売新築物件にて、建設会社から請け負った建築工事での配筋作業として、木製足場板(幅約25㎝・厚さ約3.5㎝・長さ180㎝)を使用し、これから使用する鉄筋材を1階資材仮置き場から1階現場内へ運び入れていた作業中、資材仮置き場へ歩いて戻る復路の際、木製足場板上で滑り後方へ仰向けに転倒。咄嗟に右手を土地面についた瞬間、右肩に負荷がかかり右肩を負傷した。痛みをこらえながら正午頃までは作業行っていたが、痛みが増したため作業を中断し病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年7ヵ月目の事故