バランスを崩し、左足をひねってしまい左ひざを負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

バランスを崩し、左足をひねってしまい左ひざを負傷したケース

職種

タイル・レンガ・ブロック・石工事、看板工事

労災発生状況

令和元年5月14日、石材会社より請け負った橋梁工事において、午前10時ごろ同社作業場で石の加工を行っていた際に、角材の上に置かれた石(重さ:約100㎏、大きさ:600㎜×450㎜×500㎜)を左方に反転させるため足を踏ん張ったところ、誤ってバランスを崩し、左足をひねってしまい左ひざを負傷した。しばらく休んでいたが痛みがひどくなり午後1時半ごろ作業場を出て医療機関に向かい受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して2年1ヵ月目の事故