立ち馬の手すりの下にしゃがみ込んだ時に左手親指を裂傷・右肩を打撲したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

立ち馬の手すりの下にしゃがみ込んだ時に左手親指を裂傷・右肩を打撲したケース

職種

塗装工事

労災発生状況

令和1年5月18日11時頃、初等学校本校舎建替工事にて建設会社から請け負った塗装工事の際、立ち馬(高さ1740㎝、天板縦1650㎝×横500㎝)に立ち、庇小面(高さ約3mの位置)の塗装作業していたところ、突然、2階バルコニーに仮設手すりとして設置していた単管パイプ(直径約5㎝)約15本が格子状に組まれた状態で倒れてきたため、咄嗟に右手(軍手着用)で支えながら立ち馬の手すりの下にしゃがみ込んだが、その際左手親指を裂傷・右肩を打撲してしまった。作業を中断して当日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)

一人親方の労災保険に加入して3年1ヵ月目の事故