約2mの高さから2階フローリング床に仰向けに落下して負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

約2mの高さから2階フローリング床に仰向けに落下して負傷したケース

職種

解体工事

労災発生状況

平成31年4月22日正午頃、3階建て戸建物件にて、解体業者から請け負った解体工事の際、2階天井裏にて内装解体作業のため、手にバール(重さ約3㎏)を持って、元々取り付けられていた天井ボード(縦約1m・横約30㎝・厚み約2㎝)に足を置いた瞬間、ボードが崩れ、約2mの高さから2階フローリング床に仰向けに落下、背中を強く打ちつけ負傷した。作業を中断して帰宅。当日は自宅安静し、翌日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1ヵ月目の事故