腰に負担がかかり負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

腰に負担がかかり負傷したケース

職種

解体工事、建築工事、斫り工事

労災発生状況

平成31年2月13日午前9時頃、計画工事にて、建設会社から請け負った杭頭斫り工事でのレベル合わせ作業として、前かがみの体勢で35番ブレーカー(重さ約35㎏)を両腕で持ち、前後左右に腰を動かしながら斫り作業を2月8日から継続的に、当日も午前8時から行っていたため腰に負担がかかり負傷した。作業を中断して当日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して10ヵ月目の事故