ドリルのモーターガード部分が額左側に当たり裂傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

ドリルのモーターガード部分が額左側に当たり裂傷したケース

職種

あと施工アンカー工事

労災発生状況

平成31年2月5日14時頃、アンカー施工会社から請け負った賃貸マンションの外壁補強工事において、マンション10階+R階分の足場の上から5~6段目上でハンドコアドリルを使用し、外壁に通しボルト用の貫通穴穿孔中、躯体面が凸凹で吸水パットが張り付かず、前のめりの体勢で右手でパットを押さえ、左手でドリル持ち、顔の高さで施工していたところ、ドリルを押しすぎて根元まで入り込み、コア部が噛んでしまったことにより、ドリル本体が回転。モーターガード部分が額左側に当たり左眉辺りを裂傷した。すぐに作業を中断し病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して5か月目の事故