抜けて跳ね上がった釘が左目に直撃して負傷をしたケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

抜けて跳ね上がった釘が左目に直撃して負傷をしたケース

職種

大工工事

労災発生状況

平成31年2月10日9時頃、A氏から請け負った物流倉庫新築工事の型枠大工工事において、擁壁の完成後に型枠の解体作業をしていた。コンクリート釘を抜く作業のため、エスバールに足をかけて踏ん張り抜いていたところ、抜けて跳ね上がった釘が左目に直撃。左強角膜裂傷、左水晶体亜脱臼、左外傷性白内障の負傷となった。すぐに作業を中断し病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年月目の事故