釘を打ったところ、板にはじかれ飛来して負傷したケース
 【一人親方の労災事故】

労災概要

釘を打ったところ、板にはじかれ飛来して負傷したケース

職種

大工工事

労災発生状況

平成30年11月14日午後17時頃、新築分譲地にて、ハウスメーカーから請け負った大工工事の際、エア釘打ち機フィニッシュを持って、脚立に立ちまたがり、枕棚(高さ約170㎝の位置)の打ち付け作業中、工具を少し斜めにし、4~5発目を打ち終え、次の釘を打ったところ、板にはじかれ釘(長さ35㎜・太さ1㎜)が飛来。ゴーグル未着用だったため右目にあたり負傷した。作業を中断してすぐに病作業を中断してすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1ヵ月目の事故