釘打ち機で釘を右手に貫通させてしまい負傷したケース
 【一人親方の労災事故】

労災概要

釘打ち機で釘を右手に貫通させてしまい負傷したケース

職種

建築工事、大工工事、住宅補修工事・住宅改修工事、リフォーム工事

労災発生状況

平成30年9月24日9時頃、元請会社から請け負ったA氏邸の駐車場カーポート屋根張り替え工事を翌日行なうため、自宅庭にて翌日の作業でカーポートの屋根に上がりやすいように踏み台(縦40㎝、横70㎝、高さ80㎝)を作成していた。踏み台の天端にベニヤ板を釘打ちするために左手でエア工具を持ち、右手を添えて釘打ちをしていたところ誤って自分の手を打ってしまい、右手中指第三関節表側から手のひらにかけて釘が貫通し負傷した。作業を中断しすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して5ヵ月目の事故