脚立ごと後方に押され転倒し地面に落下して負傷したケース
 【一人親方の労災事故】

労災概要

脚立ごと後方に押され転倒し地面に落下して負傷したケース

職種

建築工事

労災発生状況

平成30年8月25日、元請会社より請け負った球技場のサッカー場を囲っているフェンス及びボール飛散防止ネット(4m間隔で支柱)へのターポリンの広告取り付け工事において、午後5時頃10尺脚立をネットの前に立てて、その上から2段目に乗ってターポリン(大きさ:縦4.5m横約12m、重さ:20kg以下)の上段のハトメをネットにインシュロックで取り付ける作業をしていたところ、突風が吹いてターポリンが膨らみ脚立ごと後方に押され転倒し地面に落下した。その際、身体を地面に強く打ち付けて腰・左腕を負傷した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して7ヵ月目の事故