L型鉄板の上に落下してしまい、左腕前挫創の負傷をしたケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

L型鉄板の上に落下してしまい、左腕前挫創の負傷をしたケース

職種

内装・内装仕上工事

労災発生状況

平成30年8月9日14時40分頃、元請会社から請け負った≪仮称≫5丁目ホテル計画新築工事の内装仕上工事において、15階の耐火間仕切り工事をしていたところ、建物が鉄骨造のため、耐火被覆前の先行ピースを取り付ける溶接をするために可搬式作業台(高さ1200)を昇降時、(昇降前床スリブ確認済)天馬に上った際に床スリブの開口の蓋の上に可搬式作業台の足が落ちてしまったことにバランスを崩して転落。その際、転落付近に置いてあったL型鉄板の上に落下してしまい、左腕前挫創の負傷をした。作業は中断。すぐに病院に救急搬送された。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(移送代)を提出
     

一人親方の労災保険に加入して1年2ヵ月目の事故