柱の出っ張りに左手薬指を挟まれ、指先の骨折と裂傷の負傷をしたケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

柱の出っ張りに左手薬指を挟まれ、指先の骨折と裂傷の負傷をしたケース

職種

美装工事

労災発生状況

平成30年7月9日16時頃、元請会社から請け負った新築ビルの金物工事において、28階外周回りの鉄骨柱とプレートを繋ぐ不要アングル(縦40㎜×横20㎜×幅15㎜の鉄骨)をオリオン(組立式踏み台)の上に乗り、軍手を着用してセーバーソーで切断していたところ、刃が引っ掛かり機械と柱の2㎝くらいの出っ張りに左手薬指を挟まれ、指先の骨折と裂傷の負傷をした。作業を中断しすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(移送代)を提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年3ヵ月目の事故