釘を打ち付けていた際に左肩を痛めて負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

釘を打ち付けていた際に左肩を痛めて負傷したケース

職種

エクステリア・外装・外溝工事、建築工事、大工工事、リフォーム工事

労災発生状況

平成29年11月4日、飲食店より直接請け負った同住所店舗内の改装工事において、午後1時頃柱のところに4段脚立を置いて上から2段目に乗って壁のボードに釘打ちの作業をしていたところ、釘が打ちづらい個所があり左手で力いっぱいボードを押さえながら、右手に持ったくぎ打ち機を回り込ませて釘を打ち付けていた際に左肩を痛めて負傷した。

労災保険の申請

  •  療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年11か月目の事故